2016-02-11

16:07:07

自己処理と脱毛サロンの違い

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
Pocket

皆さんは普段、
どの様にご自宅でムダ毛の処理を行っていますか
 
ご自宅で行うムダ毛処理は、
簡単で費用もあまりかかりませんが、
お肌へのデメリットが多く隠れています!
 
【毛を剃る】
方法① カミソリ
剃毛用のカミソリは安く、ドラッグストア等で
広く販売されていますね。
安く、簡単ではありますが、
カミソリは皮膚表面から剃りあげていきますので、
深剃りができ、長持ちする反面、
お肌が乾燥しやすくなってしまったり、
炎症が起きやすく、お肌へのダメージが大きいです。
方法②電動シェーバー
直接お肌に刃が当たりませんので、
お肌に優しく、手軽ですね。
ですが、深剃り出来ないので、長持ちしません。
剃った断面が伸びるにつれてチクチクとしてきます。
 
【毛を抜く】
方法①毛抜き
使用するものが毛抜きだけなので、
一度買えば半永久的に使用出来ます。
根元から抜いているので、
しばらく生えてきません。
また、剃っていないので、伸びてきてもチクチクしません。
ですが、毛穴から無理やり毛を抜いていますので
毛穴へのダメージが大きく、毛穴から血がでたり、
炎症を起こす可能性があります。
また、1本1本抜くので時間がかなりかかり、
埋もれ毛の原因にもなります。
 
方法②ワックス脱毛
最近はご自宅用のワックスも安価で販売されていますね。
毛抜き同様に、根元から毛を抜いているので
次に毛が生えるまでの期間が長くあります。
毛抜きでもありましたように、毛穴への負担に加えて
シートを剥がす際に、お肌への負担もかかります。
また、毛を伸ばさないとシートにくっつきませんので、
処理するまでの間、ある程度毛を伸ばした状態でいないといけません。
 
【毛を溶かす】
方法…脱毛クリーム
薬剤を使用し、毛を溶かしていきます。
商品によっては、カミソリより深く処理できるものもあります。
処理した毛は毛先が丸く、チクチクしません。
毛を溶かす成分は、お肌への負担が大きいので、
肌荒れやかぶれ、炎症などトラブルの原因になります。
 
ご自宅での処理は手軽で簡単ではありますが、
永久的ではなく、綺麗にするはずのケアが
残念ながら、肌トラブルの原因にもなりかねません。
 
 
ワヤンダリでは、お手入れの際に専門スタッフが
シェービング、クレンジング、ウォッシング、照射
と、全ての工程を行いますので、
お客様はベッドに寝ているままの状態で、
簡単に脱毛が行えます!
お手入後に自然に毛が抜けるので、
お肌を傷つける事がありません
 
また、ワヤンダリの脱毛機は脱毛と美容効果もあります。
しわ、しみ、たるみ、黒ずみ、毛穴の開き、乾燥、などの、
多くの肌の悩みが改善されます!
 
お手入れにお悩みでしたら、
ぜひ一度、ワヤンダリへご相談下さいませ。
 
新宿店 根本