2016-10-09

17:47:44

乾燥対策できていますか?

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
Pocket

2
こんにちは、なんば店の長原です。
10月になり朝晩は涼しく過ごしやすい季節になりましたね。
とはいえ、肌は夏のダメージを引きずっている状態です。
秋は健康な肌を作るとても重要な季節です。
 
夏のダメージ引きずっていませんか?
 
この時期の肌の状態を知りましょう。
個人差ありますが秋の肌は、
◎夏の紫外線によるダメージを受けている。
◎季節の変わり目なので肌が敏感になっている。
◎空気が乾燥しているため、肌も乾燥している。
◎新陳代謝が下がってしまい、肌のバランスも乱れがち。
といった状態の方が多く見受けられます。
 
今年は残暑が厳しく9月も紫外線が強く、気温も高かったので室内にいるときもエアコンをつけている機会が多かったと思います。
肌にとっては紫外線やエアコンによる乾燥など、とても過酷な状態にありました。
 
夏の紫外線を浴び続けた肌はメラニンが蓄積し、シミ・ソバカスができやすい状態になっています。
夏のダメージをしっかり取り除き、肌を健康な状態に戻すことが大切です。
 
肌を正常に戻すには保湿機能とバリア機能をしっかり機能させることです。
夏の肌ダメージを一番受けているのは角質層です。
角質層は肌の一番外側にあり、肌を守るバリア機能を果たしています。
また、内側の水分を失われないよう保水する機能も兼ねています。
 
角質層がダメージしたままだと、肌は水分量不足で乾燥し保湿効果の高い化粧品を使っても有効成分が浸透しにくく、皮膚トラブルを発生させることに繋がってきます。
 
角質層ケアに欠かせないスキンケアは、洗顔です!
皮膚の表面には、空気中の埃や雑菌、排気ガス、メイク、古い角質などたくさんの付着物があります。
まずこれをしっかり取り除いてあげることが大切です。
 
古い角質が残っていると新陳代謝に悪影響を与え、肌はくすんだ状態になります。
シミの原因にもなります。
 
洗顔はできるだけ泡立てて、泡で包み込むよう優しく洗ってあげてください。
 
次に乾燥のお話です。
夏の紫外線やエアコンで肌の内部は思っている以上に乾燥しています。
 
乾燥している肌にうるおいを与え肌の水分量をアップさせていきましょう。
肌の水分補給で欠かせないのが化粧水です。
 
少量を数回に分けて水分を肌に浸透させてあげてください。
しっかり水分を与えてあげたら、その水分を保持し肌を乾燥から守りましょう。
 
美容液やクリームを使うことで角質層から水分を逃がしにくく、乾燥してくれるこれからの季節もしっかり守ってくれます。
 
夏のダメージをしっかり取り除き、本格的に乾燥してくる冬に向けて早めの対策を心掛けてみてはいかがでしょうか?
 
肌は毎日の積み重ねで変わっていきます。
コツコツ丁寧に続けることが大切です。