2017-04-10

22:16:20

花粉症対策で『5年後』のお肌が変わる?!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
Pocket


こんにちは
新宿店の小村です!
4月に入り、最近やっと春を感じるようになりましたね♪
皆さん、お花見には行かれましたか?
ところで、暖かくなってくると気になることが
やはり花粉ですよね!!
花粉には目や鼻の痒みだけではなく、
他にも身体に悪い影響があるのはご存知でしょうか?
実は、肌荒れにも大きく影響があるのです!!
 
「わたしは花粉症じゃないから関係ないかな・・・」
と思っているそこのあなた!!
実は、花粉症ではない方でも
花粉が原因で肌荒れを引き起こすことがあるのです
 
花粉症とは別に花粉皮膚炎というものがあります。
実はこの花粉皮膚炎は花粉症ではない方でも
引き起こす肌のトラブルなのです
 

花粉皮膚炎とは??

 症状
・目や鼻の周りなどの肌の色が他の場所と違う

・ニキビのような赤い細かい湿疹が出ている
・マスクが肌と擦れる部分がヒリヒリしてしまう
・白い粉吹きが見られる

 
原因
春は天気や気候の変化が大きいので
お肌が乾燥しやすくなります。
そして3月からは徐々に紫外線量も増加するため、
皮膚のバリア機能も低下してしまいます。
これが原因でデリケートになったお肌は
例えアレルギー持ちでない方でも
花粉などの刺激でダメージを受けてしまうんです
 
年々、このように繰り返し乾燥状態と肌荒れを起こすことで
5年後10年後のシミやシワの要因となってしまうのです!!!
 
そうなる前にしっかりとしたスキンケアをすることが大切です!
いくつかご紹介させていただきます
 

1.基礎化粧品を敏感肌用に変える

花粉皮膚炎によって表面の膜が壊れてしまったお肌では
今まで合っていた基礎化粧品の成分も刺激になることがあります。
そんなお肌には保湿力の高い化粧品より、
低刺激な敏感肌用にしてこまめに保湿するのがおすすめです。
この敏感肌化粧品は花粉時季だけ使うものなので
トライアルサイズや1週間、2週間用を購入してみましょう
 

2.洗顔は控えめに

肌のバリア機能が低下した状態に
よく落ちるクレンジング料はNGです。
ただでさえ乾燥で皮脂が減ってしまっているお肌を
さらに悪い状態にしてしまいます。
せっけんで、しみてしまう場合は
ぬるま湯だけの洗顔をおすすめします。
メイクもお湯だけで落とせるものにするとよいですね!
 

3.睡眠と食事

花粉時季の弱るこの時期は、肌のゴールデンタイムに
しっかり睡眠を、そして肌が喜ぶ食事をとりましょう!
ビタミンB群は代謝をよくしてくれるので、
お肌のターンオーバーが早くなります。
ビタミンC・Eは弱った肌をサポートしてくれます。
食事で摂るのが難しい方はサプリメントもおすすめです!
 
これらのことを参考にして5年後10年後も
プルプルのお肌でいられるような
季節に合わせたスキンケアを行っていきましょう
 
当サロンでも乾燥対策のできるスキンケア商品を
ご用意しております。
気になりましたら、お気軽に当サロンスタッフまでお尋ね下さいね!