2017-05-28

16:04:24

6月は紫外線の量が1番多い?!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
Pocket

AI_IMG_7769_TP_V
 
こんにちは!新宿店の阿部です!
日中から夜にかけて
気温差が激しい時期ですね(>_<)
皆さん体調はいかがですか?
風邪を引きやすい時期なので
気を付けていきましょうね!
さて、今回は紫外線について
お話させていただきますね!
皆さん、1年で最も紫外線量が多いのは
いつだと思いますか?
もちろん、夏と思っている方も
多いと思います!
夏は冬に比べて紫外線量は数倍高いことが
わかっていますが、夏だからと言って
紫外線量が最も多いのは、8月!!!?
と言うわけではありません!!
実は、1年で最も日が長く、太陽も高くなる
6月ごろ、紫外線量が最大になるのです
しかし、6月は梅雨があり天候が悪いので、
あまり気にされない時期と言えます。
梅雨の合間の快晴の日は、真夏の8月よりも
紫外線が降り注いでいます。
この時期既に7・8月と同じくらいの紫外線
浴びてしまいます。
また、曇りの日でも紫外線の影響があります。
雨が降っているからといってUVケアを
サボってしまうと、日焼けしてしまいます!
曇りの日でも日焼けしてしまうということは
雨の日も同様です。
この時期におすすめなのは、
晴雨兼用の傘を使うこと
こうした傘は日傘として使うことが
多いようですが、紫外線が強い時期の
雨傘として使うのにもってこいです
UV対策は、夏だけ頑張る!
という方も多いのですが、
春~秋にもしっかり対策するのが大切です!
紫外線は日焼け以外にもシワやシミ
たるみなどを引き起こす
「光老化」につながるのです。
綺麗なお肌を保つためにも
日焼け対策頑張りましょう