2017-07-12

20:52:28

間違ったお手入れは老け肌のもと!?正しい肌の手入れ7つの方法

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
Pocket

AI_IMG_7769_TP_V
こんにちはなんば店中村です。
毎日暑くて汗をかきやすい季節です!
お肌のトラブルも起こりやすい季節でもあります。。
でもそのトラブル間違ったお手入れが原因かもしれません!
 
1.間違ったスキンケアはバリア機能を失う
肌は皮脂膜や角質層にある細胞間脂肪などのバリア機能によって守られています。
お手入れ方法が間違っているとこれらの守る機能が失われて
科学物質に反応しやすくなりヒリヒリしたり、赤くなってしまうことがあります。
バリア機能が弱くなることで外からの刺激がダイレクトに伝わるようになり
湿疹や乾燥、シワ、たるみ、しみなどさまざまなトラブルの原因になります。
肌への負担をできるだけ減らした正しいお手入れをすることで
バリア機能を維持していきましょう!
 
2.正しいクレンジング、洗顔方法
帰宅後はなるべく早めにメイクを落とすと肌に負担がかかりません。
ファンデーションなどの化粧品は酸化してくすみになりやすくなります。
色素沈着するとシミになることもあります。
クレンジング、洗顔のトラブル
肌のトラブルを抱えてる人の8割はこすりすぎる洗顔やクレンジングで
トラブルを起こしています。
刺激や摩擦で肌を悪化させてしまうことがあります。
クレンジング料選び
肌に負担の少ないクレンジング料を選びます。
シートタイプのクレンジングは拭くことで刺激を与えてしまいます。
オイルクレンジングは肌の保湿成分と一緒にメイク汚れ、皮脂汚れを
落としてしまい乾燥肌の原因になります。
お肌にやさしいのはクリームタイプかミルクタイプのクレンジングです。
正しいクレンジング方法
クレンジングは手で温めてから顔につけます。
優しくマッサージするようになじませます。
目の周りは特に皮膚が薄いのでやさしく、鼻は指先の腹をつかって念入りに
洗い流すのはぬるま湯にします。
正しい洗顔方法
キメ細やか泡のクッションで優しく洗います。
乾燥しやすい目元、口元は泡を乗せるだけにします。
洗顔もぬるま湯で洗います。
3.肌タイプでの重点ケア
乾燥肌
皮脂と水分の量が不足している肌です。
乾燥肌の対策
・クレンジングと洗顔方法を見直す
・保湿ケアで角質を柔らかくしターンオーバーを
正常化させる
・紫外線対策を行う
オイリー肌
水分もありますが皮脂の分泌が過剰になっているため
べたつきやすく、ニキビやテカリがみられる肌
オイリー肌の対策
クレンジングのときは毛穴に汚れが残らないようにしっかりメイクを落とす
・洗顔は朝、夜必ず
・べたつきがあっても保湿はしっかりと!
 
毎日のスキンケア正しく行って
綺麗で若々しいままキープしましょう!!
 
image