肌老化の原因⇒「紫外線」からお肌を守ろう!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
Pocket

2b4e0e64-s
わぁ~なんて痛そうな日焼けでしょうか。。日焼け対策、していなかったのでしょうか^^;
こんにちは!大阪梅田店、時宗です。暑さは少し、落ち着いてきましたね・・・^^
さて、紫外線は老化の元!
ということは皆様ご存知かと思いますが、なぜ、紫外線が老化の原因になるのか?
それを今回は掘り下げてまいりたいと思います。

  • まず紫外線は「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3つに分類されます。

シワ、たるみの主な原因、「UV-A」は肌の表皮を突き進み、真皮にまで到達します。

UVAはUVBほど肌に急激な変化は与えません。肌が黒くなったり、急激な日焼けは比較的起こりません。しかし、UVAは波長が長いため肌の表皮だけではなく、奥深くの真皮にまで到達し、じわじわじわじわと肌へ影響を与え、真皮にあるコラーゲンにダメージを与えます。また、エラスチンやヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞を傷つけてしまうので、シワ、たるみの原因となります。。。こわいですね><
また、UVAは活性酸素を発生させ、細胞を傷つけたり細胞老化を促進しますのでそれによりメラノサイトがメラニン色素を合成します。活性酸素も、しわ、たるみを増やす原因となります。
紫外線による光老化(しわ、たるみ)の一番の原因になるのがUVAなのです。

シミの主な原因「UV-B」肌が赤くなり、皮膚がんの危険性も。

最初の写真の方は、このUVBによる日焼けですね。。UVAとくらべて波長が短いため、肌の奥までは届きません。しかし、人体に与える影響はUVAの500〜1000倍!!日焼けすると「すぐに肌が赤くなる」という方は特にUVBの対策が必要です。UVBは、肌の表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こし易いのですが、実は日焼けだけではなく、数年後のシミの原因、そして、皮膚がんにも繋がるのです。。。
UVBを防ぐためには、日焼けをしないよう日傘を使う、直射日光に当たらないようにするなど、日々の努力が必要です。日傘は年中無休で持っておきたいものですね

紫外線の中で、一番肌に悪影響があるといわれる「UV-C」

UV-AやUV-Bに比べて波長が短く、悪影響も大きく、しみ、しわ、たるみの原因はもちろん、短時間あたるだけで、遺伝子まで破壊してしまう、強力な紫外線です。これまでは、オゾン層に吸収されて地上には届いていませんでしたが、近年のオゾン層破壊の問題により、次第に危険性が増えつつあるといわれています。
いかがでしたでしょうか?
日差し

これからの時期は、UV-Bは少し落ち着きますが、じわじわのUV-Aに気をつけなければいけない時期になります。
紫外線、種類の違いはあれど、予防する、しないでは、5年後のお肌が、だいぶ違ってきそうですね!!
hiyake_goods

紫外線対策活動、がんばっていきましょう★★