2018-07-26

12:18:07

さよなら、くすみ肌。こんにちは、美肌。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
Pocket

日差し
 
 
連日猛暑日がつづきますね
夏バテには気をつけてくださいね(*^^*)
なんば店、上西です♪
 
さて、みなさん!
美肌作りに欠かせないことと言えば…
クレンジングです!
自分の魅力を引き出すために
メイクは頑張るけど
帰って来てからメイク落とし面倒だな〜…。
その気持ちはめんどくさがり屋の私も
すごくよく分かります(ノД`)
ですが、美肌を手に入れるためには
語らずにいられないのがクレンジング!!
そこで、知ってるようで知らない
クレンジングの基礎知識を
お伝えしたいと思います!
 
<基本的なクレンジングの正しい方法>
①メイクを落とす前に手を洗う
②ポイントメイクは先に落とす
③クレンジングの使用量を守る
④クレンジングは乾いた手で使う
⑤Tゾーンから、頬、目や口の順番で洗う
⑥ぬるま湯(30度~32度程度)ですすぐ
⑦清潔なタオルで優しく水気を取る

 
ASE_014_TP_V
 

⚫メイクを落とす前に手を洗い、清潔にする⚫

クレンジング前にきちんと手を洗い、清潔にしましょう。
手が汚れたままだと、クレンジングのメイクを落とす作用がきちんと発揮されない場合があります。
また、雑菌が手についたまま顔に触れてしまうと、肌悩みにつながる可能性もあります。
まずはハンドソープでしっかりと手を洗い、クレンジングの準備をするようしましょう。

⚫ポイントメイクは先に落とす⚫

ベースメイクとポイントメイクを一度ですべて落とそうとすると、メイクを無理に落とそうとしてゴシゴシと力が入り、肌への負担が大きくなる可能性があります。
基本的には目元や口元のポイントメイクは専用リムーバーを使って先に落とすことをおすすめします。

⚫クレンジングの使用量を守る⚫

クレンジングの使用量が少ないときちんとメイクが落ちなかったり、なじませる際に摩擦が生じて肌への負担となったりする場合があります。
クレンジングは、パッケージなどに記載されている使用量を必ず守るようにしましょう。

⚫クレンジングは乾いた手で使う⚫

クレンジングは濡れた手で使うと、メイクを落とす作用がうまく発揮されない場合があります。
そのため、濡れた手で使えるタイプのクレンジングでも、基本的には乾いた手にとって使うことをおすすめします。

⚫Tゾーンから、頬、目や口の順番で洗う⚫

まずは比較的皮脂が多いTゾーン(おでこ、鼻)から洗い、次に頬を優しく洗います。
目や口周りは最後に洗ってください。
目や口周りは皮膚が薄くデリケートなため、特にやさしく丁寧にクレンジングをなじませるようにしましょう。

⚫ぬるま湯(30~32度程度)ですすぐ⚫

クレンジングをすすぐ際にお湯が熱すぎると、肌に必要な水分や油分まで落としてしまい、乾燥を招く原因となりやすいです。
毛穴から余分な皮脂などが浮き出す温度は、大体30~32度くらいだと言われています。
触ったときにぬるいなと感じる程度に温度調節し、こめかみや生え際、フェイスラインなどにすすぎ残しがないようにしっかりとすすぐようにしましょう。

⚫清潔なタオルで優しく水気を取る⚫

ゴシゴシとこするようにタオルで拭くと、摩擦によって肌に負担をかけてしまう場合があります。
清潔なタオルをポンポンと肌に当て、ゴシゴシせずに優しく水気を取るようにしましょう。
 
いかがですか?
分かっていても出来てないことも
ありますよね( ̄^ ̄゜)
お忙しい日々の中でも、少しの手間で
お肌を傷つけずにメイクを
ちゃんと落とせますよ(*^^*)
 
ちなみに、ワヤンダリにも
クレンジングあるんですよ♪♪
c01
 
こちらのクリアリキッドクレンジングです!
ウォーターベースで、
メイクを素早くオフしてくれちゃう
優れものです(❁´ω`❁)
気になる方はお店にお立ち寄りの際に
スタッフに聞いてみてくださいね?