2018-12-20

18:48:20

バリア機能弱くないですか?

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
Pocket

59B88CDF-714C-4518-B6FA-CEFE93F3AEE3
こんにちは、梅田店長原です。
もう少しで今年も終わってしまいますね
これからますます寒くなってきますが、
お肌の乾燥など気になりませんか?
乾燥は肌にとって大敵!
秋も深まり、冬の足音が聞こえてくるこの時期。
一年のうちでも気温と湿度が非常に低く
乾燥する季節になります。

この時期の湿度は、屋外で50~60%程度まで
下がります。
さらに室内では、暖房などの使用状況により
湿度は20%程にまで下がると言われています
お肌にとって快適な湿度は60~65%と
言われているので、これらの環境がお肌に
大きく影響してしまいます。
また、低い気温によって肌の働きを鈍くしたり
血行不良になったりと、乾燥が原因で
引き起こされる肌トラブルは様々です。
保湿するタイミングがポイント!
湿度が低く空気が乾燥していると
まず肌の水分量が減っていき、

角質層が固くなってしまいます。
固くなった角質層は剥がれやすく、
肌のバリア機能が弱まってしまいます。
そうすると、剥がれた角質層を補おうと
肌のターンオーバーのサイクルを速めて
しまい、角質層がきちんと成熟する前に
肌の表面に出てきてしまい、十分に肌を
守ることができず、更なる肌トラブルに
繋がってしまいます。
このような悪循環を未然に防ぐために、
十分な乾燥対策が必要です。
そのポイントが、保湿のタイミング!
お風呂上りや洗顔直後がいいとは言いますが
どれくらい直後がいいかご存知でしょうか?
それは、タオルで水気を取った直後!
なぜなら、
1.皮膚温が高いため、化粧水の浸透率が高い!
2.角質層内の水分量が多い。
3.角質層の水分量は、洗顔後約3分で
洗顔前よりも乾燥した状態(過乾燥状態)になる。
過乾燥状態=つっぱった状態
しばらくすると回復しますが、
繰り返すことでシワの原因になります
是非保湿のタイミングにもこだわってみて下さい。